化学物質過敏症の生活
化学物質過敏症の私は、先月半ばに脳の動きも停止し、各関節も固まってしまって、首こり、関節痛に辛い2週間を過ごしました。

普段とは違うなとすぐにわかりました。多くの方へ御心配も掛けましたが、今月に入ってからは、(*^。^*)元気いっぱい寒さに負けずに暖房なしの新築マンションのクロス張り工事の職人として動いています。


仕事上がりのオゾン風呂の気持のよいこと(●^o^●)♡クロス工事のだけの時は、通常とあまり変化なく入っていますが、先日コーキング屋さんが近くで工事をしていた時は、浴槽の水面が泡だらけに成りました、大きな泡です(@_@;)

昨日は、防水屋さんが各ベランダなどの水路に、防水用のウレタンを塗っているのと一緒に動いてしまいました、仕事終わりのオゾン風呂の浴槽の水面は細かなつながった泡です((+_+))
日頃から代謝を良くしている、私だから、過敏症に成った今も自分の体調コントロール次第で、一般の人同様に仕事が出来ます。

出来るだけ費風呂質を減らし、お昼もお弁当持参(*^。^*)キーメイトマスクで(活性炭入り)匂いを防ぎながら、突然な発症を防いでいます(*^。^*)

化学物質過敏症の人は、体内の代謝が化学物質によって悪く成っています、うんちが出にくい、おしっこはスッキリでない、殻が全体が冷たい寒い(@_@;)

特に秋から冬の季節は体温が上がりにくい北風の中での寒い生活、(ストーブの匂いが辛い、空気のながらない空間にいると息苦しいと)窓ド我が自然と開けら無ければなりません((+_+))サブ!!

汗をかけないと、体内の化学物質の出方が減ります。毎日の生活で発汗を心がけてくださいね。

一緒に元気に成りましょうね(*^。^*)
by purelifeshop | 2011-11-19 10:33 | 化学物質過敏症