化学物質過敏症の皆さんへ体調不良の皆さんへ
化学物質過敏症の皆さんへ

今日本は秋から冬に入り、外気温が下がり、夏の様に少し歩いただけでも、汗が出るなんで程の発汗がなく、寒いから部屋にこもって、心持よい室温で生活をしているのでしょうね(*^。^*)

化学物質過敏症の人は、今までに体内の中に入った多くの種類の化学物質が反応を起こす人の許容範囲が個人的にも多く入ってしまった為に、化学物質に敏感な体質となってしまい、少しの化学物質にも入ってほしくない為に、体の各器官が過剰に反応してしまいます。

今まで、出来ていたことが出来なくなる、今までは感じなかった匂いが、以上に感じる為に、心が落ち着かない、これからの自分はどうなってしまうのだろうか?(・・?
不安に想うことが多いでしょう。
化学物質過敏症だとわからないのも不安??、診断が出たとしてもショック!!昨日まで良かったのに、今日が動けない、体が重い、
それが化学物質過敏症です。

彼は私と逢うまで
重症の症状が出ていました。出逢って数カ月後、別人の様に元気に成り、一年後何事にも前向きで数日前まで、ボランティア等をしながら、人の為に成り、世話に成り動いていました。

しかし、昨日夕方『佐藤さん僕もう駄目だから死んじゃいます』と電話が入りました。

色々話を聞くと、具合が悪く成って当然の生活をしていました。

昔よりは今はまだまし、昔の様には戻りたくない、快復に向かっていた頃の生活習慣を再度思い出す様に話をして励まして(*^。^*)一時間ぐらい話すと、気持の入れ替えが出来たのか?『こんな時間だね僕床屋さんに散ってきま~す。佐藤さんありがとう』と電話を切りました。

発汗の少なく成った時期だからこそ、体内解毒・軽い運動を重視した生活習慣、を心がけてくださいね(*^。^*)
by purelifeshop | 2012-12-08 11:53 | 化学物質過敏症