化学物質過敏症症状①
化学物質過敏症の多くの人は、とても正直で真面目な人が多いです。

一見ふざけているように見える人でも実際はとても臆病で寂しがり屋で人を見て自分の行動を考える人が多いように思えます。

頑張り屋だから化学物質過敏症を発症してしまうほどに労働環境の好ましくない状況下で生真面目に仕事をしてしまう。

そんな人が以前は多かったです。
そして、重症の人が多かったのが実際です。

私も重症の一人です。
どのくらい重症?
自宅の中で常に頭痛がしてます(化学物質が含まれるものが沢山あったからです。

体調が良くって外を歩いていても近くを歩く人の髪に残るシャンプーの匂い、服に残る柔軟仕上げ剤の残り香、たばこの煙、そんなの普通だよを言われる臭いに対しての敏感に体が反応してしまいます
その時は、吐き気・頭痛・肌表面のこわばり、唾液の多量分泌・鼻の中の痛み・首のコリ・関節の痛み。いらだちと受けた刺激によって様々です。

そしてその刺激のために後から肌表面に湿疹が現れます。痒く痛みも現れます。(;´Д`)

体調が優れない時(多くの工業用化学物質が体内に入ると)脳の中で入って来た情報、思っている事これから起こそうとする行動の組み合わせ、思考的順序の選択が出来なくなり動かそうとする意志とは反発する物との力争いなのか?きしむように頭が痛くなります。
この時は良い結果が出ないので体内の解毒に時間を使います。

化学物質過敏症の診断に辿れ着けなかった人の中では、多くの内科を受診している人がいます。

日々変化して現れる各症状に対応する、頭痛薬、下痢止め、動悸の薬、イライラ抑える薬、筋肉間接痛の薬、湿疹の薬、これらの多くの化学物質で作られた薬の副作用で体が動かなくなった人もいます。
私も、風邪の症状もなく仕事場で急に高熱が出て医者へ行き、これは風邪ですねと風邪薬を飲んでいたら式が出だして、咳止めを半年薬品を変えながら飲み続け、湿疹が全身に出来てしまい、皮膚科に通い始めたら、咳が止まったと言う経験もあります。

その後沢山の副腎皮質ホルモンを使いながら全身に包帯を巻き、静脈注射をしました。
外部からの刺激に反応する肌が、痛みと痒みの波をくり返すのを何年も味わい、薬を塗ったところは、青白くシミの様でもあり、ぼそぼそぱさぱさでもあり、女性としてショックの数年間でした。


誰もが今出ている症状を解決したい、楽になりたい、そして以前の様に戻れるものだと思いいつも通りの生活と症状を減らすための治療をするのが当たり前です。

化学物質過敏症かと思ったら診断を受けてください。
(東京都港区白金台の北里研究所病院:アレルギー科坂部Dr03-3444-6161代)(東京都杉並区荻窪のそよ風クリニック宮田Dr03-5335-5135)両先生共に研究熱心で多くの疑問に対応してくれるドクターです。

なぜ?化学物質過敏症に成ったのか?症状の現れ方、どのようにしたら症状を減らすことが出来るのか?をお尋ねください。

そして今後、家族と共にどのように生活をしていけば良いか?家族の理解深めるにはどうしたら良いか?具体的のことに関しては、私の体験の及ぶ限りご協力します(*´▽`*)

by purelifeshop | 2014-01-21 11:43 | 化学物質過敏症 | Trackback
トラックバックURL : https://purelifesh.exblog.jp/tb/21306390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]