風邪をひいたら。
おはようございます。

とても清々しい低山登山日和ですね(*^▽^*)

人生、癌・インフルエンザーに成っても風邪をひかないと言っていた私が、やっと人並みの風邪と言うものを体験できました。

喉がムズムズひりひりと成りくすぐったいから痛い(◎_◎;)

水分をゆっくり捕る位がやっとで、そのうちに体の関節が痛く成り、夜寝る時は顎関節を冷やしながら寝ました。

鼻水がやたらと出て、前頭葉辺りが重いと言うか締め付けられるような痛み( ゚Д゚)孫悟空の気分!

朝、治まったかと思ったら、咳が出て、又喉が痛い、

一つ一つは、洗剤、薬品、塗料、等の化学物質を吸った時に起こっていた瞬時的な症状の一つ一つが、次から次からとミックスしたのが、風邪と言う病か?

前日まで仕事を終わらせて先日バス旅行へ行ってきました。

『風邪がなかなか治らないで!』と言っていた人が、気持ちの良さそうな鼻水のかみ方をして居たのを一日中隣の席で観ていたので、羨ましがったので、その症状が私に着いて来てしまったのでしょう?(*^▽^*)

風邪をひきながら会社へ行き仕事をしている人なら、市販薬、医者での処方薬を飲んで症状を抑える、

いつもと同じ生活なのかもしれませんが、私の様に化学物質過敏症の人間は、くすりを下手に使えないので毎日に不調が許されません(/ω\)特に免疫が落ちると言うことは、潜んでる癌細胞が元気に成るので、

室内でオゾンを漂わし、オゾン水でうがいをおして、細かく切ったやさいで柔らかおかゆを作って、自己免疫の勝利を願い5日間過ごしました。

過敏症の人は日ごろの自分の体調が、辛く成った時、その前に何が有ったかを覚えておいてくださいね。

人によって症状が違います。

今回は私は前日まで時間的に、肉体的に、無理をしていてバス旅行でゆっくりと休もうと無防備の状態で風邪をひいてると言ってる人の隣で、楽しくおしゃべりをしてしまいました。

気分は最高に楽しかったのですが、それ以前の行動が肉体疲労と言う形で残っていたので、自分が思った以上に、自己免疫が下がっていたのでしょうね。

急に朝晩寒い時が有ったりで、肌の潤いが無く成って来た年代には、外からのウイルスの攻撃を防ぐだけの急な備え(免疫)が不足がちなんでしょうね。
http://purelife-shop.com/?pid=84546520
(記事を読み終わって興味が有ったら押してみてください)
f0192723_19590154.jpg
ちびりちびりと毎日の習慣にしていた、乳酸菌を3日で1本飲んで、翌朝別に便秘をしていた訳でもないのに、大きく一本、30分後に、人差し指の太さのm級では?が1山(#^^#)

ねっとりタイプの宿便ちゃんですね。

新規のお客様に乳酸菌を始めて飲む時は、『一週間は多目に飲んでください。』と言ってます。

その喜びを何年間味わっていませんでした。

御愛飲者の皆さん、体験してみてください(*^▽^*)

なんとなく体調がすぐれない、風邪をひきやすく成った、過敏症の症状が現れやすく成った、私の様な人は、一度しっかりと

宿便ちゃんと‘‘さよなら‘‘するのも良い結果を導くのではないかな?(*^▽^*)







by purelifeshop | 2018-10-22 15:05 | 化学物質過敏症 | Trackback
トラックバックURL : https://purelifesh.exblog.jp/tb/30119922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]